第16回全国物理コンテスト 物理チャレンジ2020

参加申込
終了しました。

参加申込者数の推移
  学年別
 都道府県別
たくさんの申し込み、ありがとう!
募集要項  ポスター
参加申込書  オンライン申込
申込期間: 2020年41日(水)から
郵送の場合、5月18日(月)->5月25日(月)に延長(必着)
オンラインの場合、
5月31日(日) -> 6月7日(日)24:00に延長
(オンライン申し込みの場合、確認メールが送られます。
それが届かない場合には速やかに事務局に問い合わせてください。)
参加申込者数909 名 (男子 744 名、女子 165 名)
    学年別 都道府県別
第1チャレンジ2020
実施要領の変更
実験レポート提出・理論試験 オンライン入口

総評
成績分布
実験課題レポートと理論問題コンテストへのチャレンジ 
実施要領の変更
実験課題レポートの提出 (合計 790 通)オンライン提出
『鉄、銅、アルミニウムなどの金属の比熱を測ってみよう
レポート課題 レポート表紙(Word)  講評
 提出締切 2020年6月15日(月)->6月26日(金)(必着)に延長
 レポート送付先が変更になりましたレポート表紙の下部を参照.
  (PDFファイルでのオンライン提出を推奨)実施要領の変更
  実験優秀賞・講評および優秀レポート
理論問題コンテスト(90分)(参加者合計 781 名)
 20207月12日(日) 会場(この他に特設会場あり)
  会場校での試験ではなく自宅でのオンライン試験に変更
  オンライン試験入り口
  問題
(理論・実験両方の参加者 734 名)成績分布
第2チャレンジ2020
全国大会
実施要領の変更

さらに変更
第1チャレンジの成績によって選抜された選手約100名が進出。
3泊4日の合宿形式でのコンテスト

ー>1日で理論コンテストだけの第2チャレンジに変更
実施要領の変更
会 期 :2020年8月19日(水)〜22日(土)
       9月20日(日)
開催地:岡山県青少年教育センター閑谷学校
   全国3か所での分散開催
    ->Zoom監督付きオンライン試験 概要
内 容: 日程 速報ページ 出場者
  • 理論コンテスト(5時間)問題 解答用紙
      点数分布 問題別点数分布
  • 実験コンテスト(5時間)問題 解答用紙 ->取り止め
      点数分布 物理学会報告 
  • フィジックスライブ サイエンスツアー -> 取り止め
  • 8月20日に問題解説会を開催。高校の先生方も参加できます。詳細後報

 第2チャレンジ・オンライン試験の様子
表 彰:
 金賞(6名), 銀賞(12名), 銅賞(12名), 優良賞(若干名), 特別賞など
2021年国際物理オリンピック日本代表選手候補者の選抜(高校2年生以下の成績優秀者の中から)
 代表候補者
2021年国際物理オリンピック ベラルーシュ大会に向けた研修
国際物理オリンピックに向け、第2チャレンジで選抜された
日本代表選手候補者のための研修
キックオフ秋研修合宿(2泊3日):日程 速報ページ
 2020年9月 
 於:軽井沢研修所
通信添削研修
 理論課題および実験データ解析課題の添削研修(9月から翌年3月まで毎月)
冬合宿(3泊4日)日程 速報ページ
 2020年12月下旬
 於:東京都内
チャレンジ2020・ファイナル

国際物理オリンピック2021に出場する日本代表選手5名の最終選抜
春合宿(3泊4日)
 2021年3月下旬
 於:東京都内
 最終選考試験(理論試験および実験試験)
  • 日本代表選手5名の決定
  • 引き続き5名に対してオリンピックまで過去問演習・添削の続行
2021年国際物理オリンピックに出場予定
国際物理オリンピック2020 ベラルーシュ大会
実験研修合宿
2021年5月頃
直前合宿
2021年7月 --日〜--日 (ベラルーシュ出発直前の2日間でも合宿研修を行う)
結団式
2021年7月--日(木)
国際物理オリンピック ホームページ YouTube
期間:2021年7月--日〜--日
場所:TBA(ベラルーシュ) 
主催:物理オリンピック日本委員会(JPhO)
共催:日本物理学会 応用物理学会 日本物理教育学会 日本生物物理学会 電気学会 日本機械学会 岡山県 東京理科大学 東京工科大学 大阪大学 岡山大学 加藤山崎教育基金 茨城県教育委員会
協賛: TDK株式会社 潟Gリジオン
 理研計器 東京エレクトロン
 咳referred networks
 鞄立ハイテク
Z会
団体会員:株式会社エヌエフ回路設計ブロック
学校法人河合塾 株式会社東京インスツルメンツ 
株式会社博秀工芸

協力:シュプリンガー・ジャパン 丸善出版 岩波書店 講談社 ミツトヨ 日本発明振興協会
後援:文部科学省 日本理化学協会 日本電機工業会 岡山県教育委員会