Pre-Challengeとは

プレチャレンジ申し込みを開始いたしました!詳細を確認のうえ、申込書で奮ってお申し込みください。なお、物理チャレンジでの公平を期すために、プレチャレンジは原則として9月から翌年3月第2週目までの間のみの開催としています。4月以降の開催は、複数の学校や大学、科学館などと共催して開催します。

プレチャレンジとは
物理チャレンジや国際物理オリンピックを通して、全国の多くの理科教員や高校生(中学生を含む)に物理を学ぶことの楽しさと魅力を伝えることは、特定非営利活動法人(NPO) 物理オリンピック日本委員会(JPhO)の重要なミッションです。このミッションを達成するための前段階として、国内コンテスト・物理チャレンジや国際物理オリンピック大会の紹介や物理への導入学習、またそこで出題される問題の実習・解説などを行う“プレチャレンジ”を各地の高校や教育委員会と連携して開催しています。この機会を通して、物理の普及に寄与するとともに、日本の新しい物理教育の未来を考える機会を提供したいと考えています。
具体的には次の2種類の形態で実施されています。
1.高校物理教員向けの講座
2.第1チャレンジを目指す中高生向けの講座
3. 第2チャレンジを目指す中高生向けの講座


プレチャレンジの実施をお考えの皆様へ
 プレチャレンジを実施してみたいとお考えの方は、遠慮なく下記のJPhO連絡先までご相談ください。または左欄に掲載の申込書をお送りください。物理部、理科部活動応援の一環として、または、物理好きの生徒たちを応援するイベントとしてご利用ください。JPhOは柔軟に対応いたします。
ただし、日程や実験器具調達などの理由で、希望に添えない場合もあることをご了承ください。
 プレチャレンジでは、以下のことを大切にして実施しています。
  1.手で触れて五感をはたらかせることを大切にするプログラム
      目で見て、手で触り、じっくり実験を楽しむ
  2.楽しむ科学から数学力、国語力などの基礎科学学習へ
      身の周りの物理現象から微分積分など少し高度な物理や数学を体験
      講義・実習後、レポートにまとめる体験(文章を書くことの訓練)
  3.多様な学習環境の提供
      多様な講師陣(大学の先生、研究所の研究員、高校の先生、大学(院)生など)
      長時間の学習(集中力、やり遂げる力)
      仲間作り(物理好き、科学好きの輪を広げる)
  4.1つ上のレベルに挑戦
      第1チャレンジから第2チャレンジ進出を目指す
      第2チャレンジからオリンピックを目指す

過去の実施記録(⇒ すべての記録はこちら
 過去の実施記録と参考例を掲載いたします。是非これらをご覧になり、それぞれにフィットする「プレチャレンジ in ○○」の企画を一緒に作りましょう。

2014年
 プレチャレンジ in 金沢 4月26日(土)  金沢工業大学  
 プレチャレンジ in 仙台 3月22日(土)  東北大学片平さくらホール  
    報告書
 プレチャレンジ in 宇都宮 3月15日(土)  栃木県立宇都宮高等学校  
    スケジュール & 報告書  資料1 資料2
 プレチャレンジ in 熊本 3月3日(土)  熊本県立第二高等学校  
    スケジュール & 報告書  資料1 資料2 資料3 資料4
  ・プレチャレンジ in埼玉 2月22日(土)  埼玉県立総合教育センター(教員研修)
    スケジュール & 報告書





特定非営利活動法人(NPO) 物理オリンピック日本委員会(JPhO)
住所 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3 東京理科大学1号館13階
Tel: 03-5228-7406 Fax: 03-3268-2345 E-mail: info@jpho.jp